名古屋の老人ホーム・介護施設紹介ならKODOケア

株式会社KODO 名古屋の介護施設紹介センター お問い合わせ電話番号

老人ホームの種類について

老人ホームの種類について

老人ホーム・介護施設にはいろいろな種類があります。
公共施設、民間施設、目的、費用など施設によってさまざまです。
どのような違いがあるのかさっぱりわからないという方が大半なのではないでしょうか。
どのような介護施設があるのか、分かり易く絵も交えて整理整理してみましょう。
ご利用者様の状況、介護をされているご家族の状況などによって適切な老人ホーム・介護施設があります。本当に適した施設を見つけるなら、スタッフ全員が介護業界経験者のKODOにご相談ください。実際に現場を見ているからこそ、お答えできることがあります。

特別養護老人ホーム(特養)

特別養護老人ホームの特徴

公的に運営されている介護施設のひとつ。
運営主体には社会福祉法人や地方公共団体などが挙げられる。病気や障がいなどによって在宅での生活が困難とされた高齢者が、公的な介護サービスとして入居できる介護施設です。
介護保険法の定義では「介護老人福祉施設」という別名で呼ばれますが、一般には「特養」の略称で親しまれています。「寝たきり」や「認知症」などによって自宅での生活が困難な方や、在宅介護を受けることが難しい方のための施設として高い人気を誇っている一方で、なかなか入居できないと言う現状があります。入居対象者は、原則65歳以上の高齢者で、介護認定を「要介護3」以上で受けている方。その他、伝染病などの疾患がなく、長期的な入院を必要としない高齢者であることなどホームによって条件がさまざまです。

介護老人保健施設(老健)とは

介護老人保健施設の特徴について

介護老人保健施設(老健)とは、病院と自宅の中間的施設として設けられている公共型介護施設です。入所者が在宅復帰ができるようサポートすることが介護老人保健施設の役割であることから、理学療法士などリハビリ専門スタッフによる機能訓練が受けられます。
入院はもう必要ないけれど、「自宅での生活を再スタートさせるにはリハビリが必要である」という方のためにある介護老人保健施設。入居条件は原則として65歳以上。介護認定は要介護1以上であることが入居条件となっています。

介護療養型医療施設とは

介護療養型医療施設の特徴

老人ホームの中でも、医療の充実が大きな特徴と言えるのが介護療養型医療施設です。
医療法人による運営が大多数を占める。介護療養型医療施設はリハビリや手厚い医療ケアを受けられる、介護度の高い要介護者向けの介護施設で、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設と並び、要介護者の入居できる公共型の施設として位置付けられています。
医師や看護師による回復期リハビリ、医療・看護ケアなどのサポートが受けられます。
胃ろうやたん吸引といった医療ケアが必要な方は安心の体制が整っていますが、一方でレクリエーションなどの生活支援は医療をメインにしている分少ないと言えます。
対象者は、原則65歳以上で「要介護1」以上の介護認定を受けていることが条件になります。
その他、伝染病などの疾患がなく、病気での長期入院などを必要としないことなど、施設によって条件が異なります。

ケアハウス(軽費老人ホーム)とは

ケアハウスの特徴

軽費老人ホームは、軽費老人ホームA型・B型、ケアハウス(C型)の3種類。
家庭での日常生活に近い環境となり、最低限の生活支援サービスを受けながら、自立した生活を送ることができます。身寄りがない、または、家庭環境や経済状況などの理由により、家族との同居が困難な方を「自治体の助成を受ける形」で、比較的低額な料金で入居できる福祉施設です。
負担すべき額は、本人や扶養義務のある家族の世帯収入・課税状況の他、介護事業者、介護度によって異なります。入所対象者は、60歳以上の単身者または、夫婦のどちらか一方が60歳以上であることが前提。身寄りがない、家族との同居が困難で、独立して生活するには不安が認められるものが対象となります。

養護老人ホームとは

養護老人ホームの特徴

基本的には病気がなく介護を必要としない自立した65歳以上の高齢者の方で、生活保護を受けている、または低所得などの原因によって自宅で生活ができないなどの経済的な理由を持つ方が
入所対象となります。入所には、地方自治体の審査が必要となり、措置判断が必要となります。
サービスについては生活困窮者を対象としている養護老人ホームは、介護保険施設ではありません。そのため、寝たきりなど重介護の方は入居ができず、提供しているサービスはあくまでも生活・食事などの基本的なサポートとなっています。

グループホームとは

グループホームの特徴について

グループホームとは、認知症(痴呆症)の症状を持ち、病気や障害で生活に困難を抱えた高齢者が、専門スタッフの援助を受けながら1ユニット(5~9人)で共同生活する介護福祉施設です。
家庭に近い環境で、入居者の能力に応じてそれぞれが料理や掃除などの役割を持ちながら、自立した生活を送ります。認知症にかかっている高齢者が入居を検討する施設としては、最初に検討される施設でもあります。入居対象となるのは原則65歳以上、「要支援2」または「要介護1」以上の介護認定を受けている方で、施設の所在地と同じ市区町村の住民の方になります。入所の際には審査が必要になり、面談や診断書から本人が入所基準を満たしているかどうかを判断しています。
施設の特徴としては家庭的な雰囲気であることを活かした環境づくりをしているところが最近では多くなっています。

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住・サ付き)とは

サービス付き区高齢者向け住宅の特徴

サービス付き高齢者向け住宅は民間事業者などによって運営される介護施設で、「サ高住」「サ付き」などと略されることもあります。サービス付き高齢者住宅は基本的に、「まだ介護の必要がない、比較的元気な高齢者のための施設」です。サービス付き高齢者住宅は介護サービスが提供されないかわりに、自由度の高い生活を送れることが特徴です。
サービス付き高齢者向け住宅には、認知症や胃ろう、感染症などの重度な疾病を持っている人でも入居できる施設もありますが、有料老人ホームと比較すると、比較的介護度の低い方の入居が多い傾向にあります。とはいえ、持病や既往歴のある高齢者も少なくないので、最近では認知症の受け入れに積極的なサービス付き高齢者向け住宅も増えており、その他にも胃ろうやたん吸引、人工透析が必要な方の入居もハードルが低くなっているようです。

有料老人ホーム( 介護付き・健康型)

有料老人ホーム(介護付き・健康型)

有料老人ホームでは、常駐する介護スタッフによって介護サービスが提供されており、中には24時間看護師常駐など充実した体制が整っているところも多くあります。
医療面では、結核やMRSAなどの感染症や、胃ろう、ストマ、気管切開といった医療ケアが必要な方にも対応している施設もあります。また、医療機関との連携によって健康管理のための医療ケアを提供しているところも多くあります。施設によって様々なので資料を集めて専門家と検討する必要があります。リハビリ用の機能訓練室はもちろん、将棋や陶芸、盆栽などのサークル活動や、カラオケなど他の入居者と合同で行うレクリエーション、誕生会、花見、小旅行…。
充実したイベントで入居者を楽しませてくれる施設が多く、入居後に寂しさや孤独感を感じるようなことはないでしょう。

お問い合わせはこちらまで